新着情報

発電機器とは?

発電機器とは、電気を発電する機器のことを言い、その用途はとても多岐に渡ります。

発電機器を動かすためには、燃料として使用するガスやディーゼル(軽油)とエンジンによって運動エネルギーを生み、そのエネルギーが電気エネルギーとなるように変換させなくてはいけません。

この変換に必須となるのがオルタネータと言われるもので、発電機器は、運動エネルギーを生むための機器と、電気エネルギーに変換するためのオルタネータをセットとしてはじめて利用することのできるものとなっています。

発電機の用途としては、非常時(電力が停止した状態)の電気のバックアップとして使用したり、電力をコストカットするための使用や、作り出した電力を売電するための使用、日常使用する電力としての使用など、目的によってその使用用途はさまざまです。

医療機関など電力が停止すると生命に関わるような施設では、電力をいつでもバックアップできるような大型バッテリー(UPS)を設置し、必要となった場合に即座に発電機器が自動で立ち上がり、電力を供給していくという役割を果たしているのでとても重要です。

このような発電機器の設置やメンテナンスはとても重要なものとなっています。